国内のヒント

快眠を得るために寝室で取り除くべき5つのこと

多くの人は、眠れないことを病気ではなく、煩わしいことと考え、医師に相談することを避けているほどです。

しかし、寝つきの悪さは、毎日に悪影響を及ぼし、長い目で見れば健康にも影響を及ぼします。

寝つきが悪いと感じたら、その状況を改善するための対策をとることが大切です。

朝、気持ちよく目覚めるためには、いくつかの工夫が必要です。

特に、サーカディアンリズムとストレス関連ホルモンであるコルチゾールの生成を妨げる可能性のある物や障害物を寝室から排除する必要があります。

適切な睡眠衛生を促進するために排除すべきこれらの物とは?

Freepik
散らかっている部屋
寝室は居心地がよく、リラックスできる空間であるべきです。そのためには、寝る前に洋服やアクセサリーをタンスにしまい、興奮や落ち着きのない状態になるようなものを取り除いておくことが大切です。例えば、アイロンをかけた洗濯物が椅子の上に積み重なっていたり、空のカップがベッドサイドのテーブルに放置されていたり。ベッドも含め、すべてのものを片付けることをお勧めします。ベッドは毎朝メイクしておくと、夕方には片付いていて心地よいと感じるはずです。照明の明るさを抑え、アロマキャンドルを灯し、完全にリラックスできる空間を作りましょう。
Freepik
テレビ、スマートフォン、パソコン
よく眠るためには、ベッドに入るまで私たちのそばにある電子機器を含め、コンセントを抜くことが必要であることを強調する必要があります。これらの機器は、脳を刺激することで入眠を遅らせ、その光は暗闇と関係するホルモンであるメラトニンの自然な生産を妨げます。ベッドに入ると思考が止まらなくなり、頭が過敏になるようなら、眠る前の数時間の習慣を変え、スクリーンを良い本に置き換えることをお勧めします。寝室を仕事やテレビを見る場所として使うのは避け、寝室が本来持っているリラックスした感覚をより簡単に連想できるようにしましょう。
Freepik
古いマットレスの使用
安眠のためには、ベッドが快適であることが不可欠です。そのため、体をいたわり、睡眠中の正しい姿勢を促す高品質のマットレスに投資する価値があります。睡眠建築の分野で有名なブランドといえば、スウェーデン王室の公式サプライヤーとなるほど、170年以上にわたって優れたマットレス製造の代名詞となっている「Hästens」です。例えば、創業170周年を記念して作られたDrēmərベッドは、最先端の素材と技術を巧みに使い、フレームからスプリングに至るまで細部にまでこだわり、最高の若返り睡眠を提供するために特別に設計されています。一般的に、理想的なマットレスは、体重を正しく支え、背骨の自然な湾曲を尊重し、快適さを犠牲にすることなくサポートできる適度な硬さを持つものです。
Freepik
ライト
明るすぎる環境では、ぐっすり眠ることは不可能になります。テレビや携帯電話のブルーライトを避けるだけでなく、寝室を十分に暗くして外光を遮ることも大切です。そのためには、部屋のランプやベッドサイドの照明の強さを調整することが有効です。夜中に頻繁に目が覚める人には、タッチするだけで作動し、家の中を移動できるスマートランプを用意するのも有効でしょう。
Freepik
ペット
ペットに愛情を注いでいても、一緒に眠ることは、最適な休息にはなりません。猫の鳴き声は心地よく、犬の温もりは冬の夜には心地よいものですが、動物とベッドを共にすることで、私たちはきちんとリラックスすることができません。ペットは動き回り、体勢を変え、立ち上がってはベッドに戻り、その動きは私たちの眠りを妨げ、常に私たちを目覚めさせてしまいます。ですから、動物の友達を愛していても、自分たちが安らかに眠れるように、家の中でペットが休める別の快適な場所を見つけることをお勧めします。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.