SCIENCE(サイエンス

衛星アイオロスが地球に落下中:ESA、画期的なマヌーバを試みる

何十億ものレーザーパルスで地球の風を研究するために作られた欧州宇宙機関(ESA)の衛星「アイオロス」が、5年間のミッションを終えてついに帰還する。

ESAは、衛星を帰還させるために、まだタンクに残っているわずかな燃料を使って、制御された落下を行う予定である。当初、衛星は制御されずに地表に落下するように設計されていた。

こうしてESAは、より安全で、将来的にはいくつかの部品を再利用できる可能性もある、新しいタイプの宇宙ミッションへの道を開くことができた。さらに、スペースデブリの問題も解決策が見つかるかもしれない。

Freepik
アイオロスの衛星が地球に向かっている
何十億ものレーザーパルスで地球の風を研究するために作られた欧州宇宙機関(ESA)の衛星「アイオロス」が、5年間の任務を終えてようやく帰還する。
Freepik
ESAの新プロジェクト
ESAは衛星を帰還させるため、まだタンクに残っているわずかな燃料を使って制御落下を行う予定である。当初、衛星は制御されずに地表に落下するように設計されていた。
Freepik
宇宙旅行の新しい未来のソリューション
こうしてESAは、より安全で、将来的には特定の部品を再利用する可能性もあり、新しいタイプの宇宙ミッションへの道を開くことができる。さらに、スペースデブリの問題も解決策が見つかるかもしれない。
Freepik
ESAのティム・フローラーの言葉
ESAのティム・フローラーは説明する。「この再突入の試みは、1990年代後半に計画・設計されたミッションの安全基準をはるかに超えるものである。すでに最小限に抑えられている生物とインフラへのリスクをさらに減らすことが可能であることがわかった時点で、歯車が動き出した。すべてが計画通りに進めば、アイオロスは現在設計されているミッションの安全基準に合致することになる」。
Freepik
衛星が地球に帰還する時間と最低高度
アイオロスは現在、高度320kmの「作業用」高度からスタートし、地球に向かって戻っている。現在は1日あたり約1kmの速度で移動しているが、ますます加速し始めている。地球の大気圏に落下する正確な日はまだわかっていないが、ESAの入手可能なデータによれば、7月末から8月初旬の間に落下するはずである。
Freepik
再突入作戦
高度280kmに達すると、衛星を「最適点」に到達させるための一連の指示が送られ、そこから海に向かって落下を開始する。その後、衛星をさらに降下させる操作が行われ、高度80kmに達すると、大気圏で燃え尽き始める。この段階で衛星はほぼ完全に崩壊するが、破片が地球に落下する可能性もある。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.