国内のヒント

世界溺水防止デー:溺水事故を避けるためのWHOのアドバイス

去る7月25日は、2021年に国連総会決議によって宣言され、毎年世界中で祝われている「世界溺水予防デー」であった。

WHOはこの日を「溺水が家族や地域社会に与える影響を強調し、溺水防止のための救命策を提案する機会」と位置づけている。

WHOはこの非常に重要な日に、溺水事故をできるだけ避けるための実践的なヒントをまとめたリストを発表した。

Freepik
世界溺水防止デー
7月25日の世界溺水予防デーに際して、WHOは近年の溺水に関するデータを発表した。公式発表によると、毎年23万6千人が溺死しており、過去10年間で合計約250万人が死亡している。事故は主に外海や河川で起きているが、わずか数センチの高さのプールでも起きている。最も多い犠牲者は1歳から4歳の子供で、次いで5歳から9歳の子供である。
Freepik
溺死に関するWHOの詳細データ
WHOのデータによると、溺死は河川の洪水時の死因の75%を占めている。国連はさらに、溺死は24歳までの子ども、若者、若年成人全般の主な死因のひとつであると付け加えている。大勢で言えば、溺死は世界の不慮の事故による死因の第3位である。死因の90%は最貧国で発生している。
Freepik
WHOのアドバイス
前述の「世界溺水予防デー」に際し、WHOは事故のリスクを最小限に抑えるための6つの予防策を発表した。まず基本的な心得は、幼少期から水泳教室に通わせ、一般的にはまずプールで上手に泳げるように教えることである。浮き輪やライフジャケットを身につけさせることよりも、泳げるようになることの方がはるかに重要である。
Freepik
常に子供を監督する
池、川、浜辺、浴槽など、どのような場所であろうと、助けを求める声に即座に対応できるよう、子供たちには常に大人の監視が必要である。これはごく当たり前のルールのはずだが、誰にとってもそうでないことは明らかだ。
Di WHOhttp://www.who.int/about/licensing/emblem/en/ - Open Clip Arthttp://www.who.int/about/licensin
救助・蘇生コースの推進
WHOはまた、応急手当、海難救助、現場での蘇生講習への住民の参加を促進するようにしている。実際、水から上げてすぐに心肺蘇生を行えば、溺水後の生存率が向上することが証明されている。
Freepik
ライフジャケット
スピードボート、ヨット、カヌー、ディンギーのいずれに乗る場合でも、必ずライフジャケットを着用すること。泳ぎ方を知っていても、場所によっては気温が低いために筋肉が働かず、溺れることがある。また、服を着たまま、あるいはひどいショックを受けた状態で泳ぐのは本当に難しい。この器具は、アームレストと違って、まさに救命具なのだ。
Freepik
天候をチェックする
もちろん、ここでは海水浴の話ではなく、主に船上の話である。各港湾管理事務所が毎日発行する天気予報を参考にすることは非常に重要である。さらに、やはり船上の場合は、安全装置がすべて揃っていて、完璧な状態であることを常にチェックする必要がある。
Freepik
国連が示した安全対策
溺死を防ぐために国連が示した対策は、防壁の設置から、就学前の子どもたちに保育園など水から離れた安全な場所を提供することまで多岐にわたる。また、水泳の指導、救助と蘇生法の訓練、安全な航行ルールの定義と実施、洪水リスク管理の改善なども含まれる。
ワイン, ビール, スパークリングワイン, シャンパン
18/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.