芸術文化

もし、車輪が発明されなかったら、世界はどうなっていたのだろう?

車輪のない世界を想像したことがあるだろうか。この発明は、人類の歴史において常に存在していたわけではありませんが、それでも人間は世界中を植民地化することができました。しかし、私たちはしばしば最初の間違いを犯します。私たちは車輪を自動車や列車などの移動手段としてしか考えていませんが、多くの哲学者が完璧と評するこの形には、他にも多くの使い道があるのです。

例えば、典型的な円形である歯車、井戸から水を引き上げる滑車、飛行機のローターなどを思い浮かべてみてください。車輪のない世界は、よりバラバラで、よりグローバルでなく、誰にとってもより大きな世界になってしまうでしょう。

Focus は、車輪のない現代社会を想像してみました。彼らが出した結論は、あなたを驚かせるかもしれません。

Freepik
もし、車輪が発明されていなかったら、世界はどうなっていたのだろう?
車輪のない世界を想像したことがあるだろうか。この発明は、人類の歴史において常に存在していたわけではありませんが、それでも人間は世界中を植民地化することができました。しかし、私たちはしばしば最初の間違いを犯します。私たちは車輪を自動車や列車などの移動手段としてのみ考えることに慣れていますが、多くの哲学者が完璧と評するこの形には、他にも多くの使い方があるのです。例えば、典型的な円形である歯車、井戸から水を引き上げる滑車、飛行機のローターなどを思い浮かべてみてください。Focus は、車輪のない現代世界を想像してみました。その結論は、あなたを驚かせるかもしれません。
Freepik
文明はまだ存在していただろう
まず最初に、神話を払拭しましょう。人類の文明は、車輪が発明される以前から存在していたはずですし、今も存在しているのです。実際、アメリカの考古学者Kris Hirst は、例えばアメリカ大陸は2万年前に人類が植民地化していたと述べています。一般に、地球上のほぼすべての地域には、移動にのみ役立つこの道具が発明される前に、すでに人が住んでいたのです。
最初の車輪は、移動のために発明されたのではない
学者たちによると、固定された軸の周りを回転する円という意味での最初の車輪は、特に運搬用に設計されたものではなかったといいます。5500年ほど前、実はろくろを使って粘土を成形するために使われていたのです。この新しい道具は、正確な形状の容器や物を素早く作ることを学んだ人類にとって、基本的なものでした。ここから移動のために使うことを考えるまで、そのステップは本当に短かったのです。
Freepik
車輪だけでは旅に役立たない発明
これは、スペイン征服軍が、移動に車輪を使わない民族に直面した理由の最大の説明の一つです。実は、モーター以前に、車輪が移動手段として使われたのは、輓馬の存在があったからです。車輪と輓馬の組み合わせは、人類の歴史にとって基本的なものでした。アメリカ大陸では、コンキスタドール(征服者)によって馬が導入されました。コロンブス以前の文明では、家畜といえばヤギ、ブタ、ヒツジなどだけだったので、移動手段としての車輪は、人間の力で使わなければ意味がなかったのです(奴隷制の話)。
Freepik
車輪なしの物体の運搬;ソリまたは荷馬動物によるもののみ
したがって、車輪なしで重い荷物を運ぶ方法は、ソリか馬、ラバ、牛などの荷役動物しかありません。北方ではソリ犬、砂漠ではラクダを使います。そして、それ以外の原動力は、文字通り人間だけです。もっと簡単に言えば、奴隷のことです。移動のための車輪がない社会は、搾取的な奴隷所有の社会になってしまう危険性が非常に高いのです。
グローバル化が進み、より孤独な地球に
しかし、移動の実現性を考えるだけでは不十分で、その移動の速さも重要です。前述のように、車輪がなければ、歯車を使った機械技術は事実上存在しないので(これについては後述)、異なる場所間の移動はほとんど不可能であったでしょう。また、貿易や文化交流が遅々として進まないため、例えばアメリカ先住民のように、部族間の交流がほとんどなく、世界の人々の間に大きな差異が生まれたでしょう。
Freepik
より多くの無人の後背地;住民が水辺に住むようになる
実際、車輪がなければ、人類の大半は海や河川の近くに住み、それらが新しい幹線道路や脇道となったでしょう(典型的な例が東南アジアの一部の人々で、現在でもこのような移動手段を持っている)。しかし、それだけではなく、移動の中心である水は、フェニキア人やヴァイキングなど、現在支配的な民族以外の民族に有利に働くことになったでしょう。その結果、勢力図が崩れ、現在とは全く異なる世界が形成された可能性があります。
Freepik
車輪と自然
進化論者の中には、「なぜ自然界には車輪のついた植物や動物が存在しないのか」という非常に興味深い問いを投げかける人がいます。基本的には二つの仮説があります。第一に、体の外側に車輪があると、やはり靭帯や神経などを介して生物に接続されなければならなりません。このような車輪は回転しなければならないので、そのようなことは非常に困難であり、動物でも植物でも装置全体が混乱することは言うまでもありません。第二に、「人間の車輪」は主に平らな面を必要としますが、地球上ではこのような面積は多くありません。したがって、これは完全に愚かな進化上の選択となるでしょう。
Freepik
パワーストーリーも大きく変わるだろう
しかし、ナビゲーター民族が世界の真の支配者になっていたかというと、そうではなく、他の世界も存在したはずで、そのような世界は私たちが知っているようなものではなかったでしょう。例えば、ローマ帝国はその成功の多くを、戦場のある場所から別の場所へ、さらには異なる地域や区域を越えて、いかに素早く兵を移動させることができるかに基づいていたのです。
Freepik
19世紀の産業革命は起こらなかっただろう
19世紀の産業革命で生まれた洗練された技術のほとんどは、そこになかったものとなったでしょう。例えば、鉱物を採掘するための最初の蒸気機関は、車輪をベースにしていました。あるいは、蒸気で動く船のための最初のプロペラもそうです。プロペラという概念(船舶と航空機の両方)は、それ自体で回転する車輪であり、決して生まれなかったでしょう。また、輸送に関して言えば、他のものも決して実現しなかったでしょう。例えば、パナマ運河やスエズ運河は、労働力の助けを借りたとはいえ、すべて機械的に掘られたものです。
Freepik
私たちが知っているような都市さえも存在しない
そこで、ゆっくりとはいえ移動は可能だが、垂直方向の建設はSFでしかないと考えたのです。リフト、滑車、タイロッドなどは、車輪の概念がベースになっています。したがって、2〜3階建て以上の建物を建てることは不可能です。超高層ビルなど、あり得ません。ちなみに、リフト(特に安全ブレーキ付き)の誕生は、ニューヨーク万国博覧会で発表され、ビッグアップルの拡張に大きな弾みをつけたことを記憶しておきましょう。
Freepik
その他、車輪がなければ存在しないもの
例えば、電気を作るには、ほとんどの場合、大きな車輪に巨大なタービンが必要です。もしそうでなかったら、私たちはまだ馬か奴隷に頼っていたでしょう。都市は動物で溢れかえり、例えば公衆衛生に影響を与えることになったでしょう。歯車は、ピボットや車軸の上で回転する単純な車輪です。また、古代に船乗りが自分の航路を知るために使用した「天体観測器」、小さな歯車で構成された時計(当時は砂時計や日時計で時間を測っていた)、また、緯度を正確に計算するための基礎となったマリンクロノメーターもあります。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.