SCIENCE(サイエンス

小惑星の形成に関する新理論が発表された。

ウォーリック大学(英国)の研究者が、小惑星の形成について新たな発見をしたと報じられました。

同大学のウェブサイトに記載されているように、研究者たちは惑星の誕生環境、すなわち中心星の周囲を回るガスと塵の領域を研究し、そこから、これまでの研究ではまだ報告されていない惑星形成の新しい方法を発見しました。

この研究成果は、学術誌『Monthly Notice of the Royal Astronomical Society』で発表されました。

freepik (generic image)
小さな惑星の形成を説明できる理論
ウォーリック大学(英国)の研究者らが、小惑星の形成について新たな発見をしました。 同大学のウェブサイトによると、研究者らは、惑星の誕生環境(中心星の周りを回るガスと塵の領域)を研究し、そこから、これまでの研究ではまだ報告されていない新しい惑星形成の方法を発見したとのことです。 この研究成果は、学術誌「Monthly Notice of the Royal Astronomical Society」に発表されました。
freepik (generic image)
原始惑星系円盤の内部で何が起きているのか
ウォーリック大学の研究者たちは、原始惑星系円盤(中心星の周りを回るガスと塵の領域)の中にある2つの大きな惑星が、どのようにして小さな惑星を生み出す可能性があるかを示しました。
freepik (generic image)
小さな惑星は大きな惑星によって生成される
その理由は、元々大きな2つの惑星が塵の流れを内側に制限し、その間に集まる塵の量が、外側の惑星が存在しない場合よりも小さくなるからです。その塵が最終的に集まって惑星を形成するのであれば、中央の惑星は2つの外側の惑星よりも小さくなり、サンドイッチの具のようになるのです。
freepik (generic image)
火星と天王星の例
この研究では、この分野でのさらなる研究が必要ですが、著者たちによれば、この理論は小さな惑星の形成について説明できる可能性があるといいます。火星や天王星のように、それぞれが大きな惑星に囲まれているのです。
freepik (generic image)
さらなる発見への第一歩
ウォーリック大学物理学科のドロシー・ホジキンフェローであるファルザナ・メル教授によれば、「ここ10年来、観測によって原始惑星系円盤にリングと隙間があることが明らかになっています。 この隙間は惑星があると予想される場所であり、理論的な研究から、惑星がそのすぐ外側にダストリングを形成することがわかっています。 このリングの中でいったい何が起こっているのか、世界中の天文学者に重要な問題を投げかけています」。
クレイジー・ピープル
23/06/2024
ワイン, ビール, スパークリングワイン, シャンパン
25/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.