グラフ

世界で一番子育てしやすい国は?

世界で最も住みやすい国はどこかというランキングはたくさんあります。しかし、お子さんをお持ちの方であれば、考慮すべき要素は大きく異なるのではないでしょうか。

教育の質、住宅街に緑地があるかどうか、治安はどうか、さらに、その国では育児休暇がどのように設けられているかなどです。Unicefでは、このテーマについて多くの研究が行われていますが、その多くは世界の豊かな国々にのみ焦点を当てています。いずれにせよ、これらの研究は、海外移住や住む国を変えたいと考えている家族にとって、非常に優れた一般的な指標となり得ます。

BBC は、これらの研究の一部を収集し、子供がいる場合に移住するのに最適な世界の5つの国のランキングを作成しました。

世界で一番子育てしやすい国は?
世界で最も住みやすい国はどこかというランキングはたくさんあります。しかし、お子さんをお持ちの方であれば、考慮すべき要素は大きく異なるのではないでしょうか。教育の質、居住区に緑地があるかどうか、治安はどうか、さらに、その国では育児休暇がどのように設けられているかなどです。Unicef では、このテーマについて多くの研究が行われていますが、世界の豊かな国だけに焦点を当てていることが多いです。いずれにせよ、これらはすでに、海外移住や住む国を変えたいと考えている家族にとって有用な一般的指標となり得ます。BBCは、これらの研究の一部を収集し、子供がいる場合に移住すべき世界のベスト5カ国をランキングにまとめました。
Viaggio FRoutard - Flickr.com
日本(写真:東京)
アジア諸国の中でおそらく最も「西洋的」である日本は、子どもの健康状態で世界第1位にランクされています。また、BBCが報告・検討したUnicef のデータによると、「子供を取り巻く世界」(都市の緑地や交通安全などの側面を含む)でも2位となっています。また、日本は小児肥満率が最も低く、乳児死亡率も低いです。さらに、日本全体の自殺率は、Unicef の調査対象国の中でも最も低いです。10万人あたり0.2人で、米国(5.3人)、カナダ(1.8人)、さらにはオーストラリア(0.8人)に比べても数分の一です。
Pixabay
日本(写真:京都)
また、子どもたちの自主性も非常に高い水準にあります。東京の中心部であっても、6歳の子どもは一人で学校に通うことができる治安の良さです。 また、日本は地球上で最も優れた教育システムのひとつであり、OECDによる評価では76カ国・地域中12位となっています。多くの国で軽視されている父親の育児休暇に関しても、大きな進展が見られます。
Di Nessun autore leggibile automaticamente. Chosovi presunto (secondo quanto affermano i diritti d&#
スペイン(写真:バレンシア)
スペインは完璧な国ではなく、実際、社会、教育、保健サービスの面ではやや劣りますが、子どもの生活のレベルでは世界でもトップクラスです。実際、Unicef のデータによると、イベリア半島の子どもたちは非常に高い一般的な幸福感を享受しています。子どもの精神的幸福度では3位、学校と社会の基本的スキルでは4位にランクされています。具体的には、「友だちができやすい」と答えた子どもの数がオランダと同程度(81%)で、10代の自殺率は豊かな国の中で最も低く、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの3分の1以下です。
Alessandro Grussu - Flickr.com
スペイン(写真:バルセロナ)
スペインでは、レストランやバル、公園など、夜遅くまで子供連れの家族が行き交う光景を目にすることがあります。子どもに対して寛容な国民性で、特に問題もなく、親にとっても子どもにとっても非常に健全な環境です。育児休暇も非常に充実しており、多くの国民が取得しています。
Pixabay
エストニア(写真:Tallinn)
エストニアは特別な国です。Unicef ランキングの上位には入っていないものの、いくつかの点で際立っています。子供に悪影響のある大気汚染、騒音、農薬の数は、他のどの豊かな国よりも少なくなっています。エストニアには、米国、カナダ、オーストラリア、英国など、他の多くの国よりも多くの都市緑地があります。また、出産前のケアも充実しており、低体重で生まれる赤ちゃんの割合が、豊かな国の中で2番目に低い国でもあります。
Pedro Szekley - Flickr.com
エストニア(写真:Tallinn)
教育システムも高度に発達しており、子どもたちは幼稚園の早い時期からロボットやタブレット、テクノロジー全般との接し方を安全に学んでいます。最近のOECDの報告書によると、エストニアの平均的な子ども(5歳)は、他の子どもとの協力や感情の識別など、さまざまな社会性と情動のスキルにおいて、アメリカやイギリスの子どもよりも優れていることが示されています。
Porfirio - Flickr.com
フィンランド
BBCが引用したUnicefのランキングによると、フィンランドは、「子どもの世界」(大気の質など、環境が子どもに与える影響を見る)の1位と「子どもの周りの世界」(学校、交通、緑地など、子どもが暮らし、育つ環境の要素を見る)の2位で非常に高い順位を獲得しています。
Francesco Sisti - Flickr.com
フィンランド(写真:タンペレ)
BBCは、フィンランドに住む5人のイギリス人の父親を取材しました。この国で育つ子どもたちは、文学や数学の知識において世界で最も優れた結果を出しており、多様な教育環境も整っている、5歳から14歳までの乳幼児死亡率は、アメリカの半分以下と、世界でも低い、など。さらに、素晴らしいのは緑地の多さで、ヘルシンキでさえ、フィンランドは一人当たりの都市緑地面積が他の「第一世界」のどの国よりも多いのです。
By Moyan Brenn from Italy - Flickr, CC BY 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=40605
オランダ人(写真はアムステルダム)
ユニセフのデータによると、オランダは子どもたちの精神的健康(第1位)と技能(第3位)の面で非常に良い成績を収めている。15歳の10人中9人が自分の生活にとても満足していると答えており、これはユニセフが調査した国の中で最も高い割合である。BBCがオランダ在住のポーランド人の母親にインタビューしたところ、彼女は、誰もが特別な存在であることを教え込まれる北米などと比べて、子どもたちへのプレッシャーが少ないと話している。
By Camillo Granchelli - Own work, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=9958
オランダ
さらに、オランダの福祉は世界でもトップクラスであり、国は子どものいる家庭を手厚くサポートしている。具体的には、16週間の有給産前産後休暇、6週間までの有給育児休暇が義務付けられているほか、子どもが8歳になるまで取得できる無給の育児休暇もある。
凶暴な動物たち
29/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.