SCIENCE(サイエンス

ソーシャル・メディアの時代であっても、隔たりは6度ある。

各人が5人以上の仲介者を介することなく、知識の連鎖によって世界中のどの人ともつながることができるとする「6段階の隔たり理論」は、これまでに生み出された社会理論の中で最も人気があり示唆に富んでいる。

ハーバード大学の教授がネブラスカ州の見知らぬ農家に手紙を送ったのは1960年代半ばのことで、完全にランダムな連絡網を通じて、ボストンにいる本当の受取人に手紙が届くことを願っていた。

今日、スペイン、イスラエル、ロシア、スロベニア、チリの研究者が署名した、フィレンツェ国立研究会議複雑系研究所(CNR-Isc)の共同研究は、ソーシャルネットワーク上のつながりが、1960年代にミルグラムが発見したものと似ていることを示している。

Freepik
ソーシャルメディアにおける6度の隔たり
各人が5人以上の仲介者を介することなく、知識の連鎖によって世界中のどの人ともつながることができるとする「6段階の隔たり理論」は、これまでに生み出された社会理論の中で最も人気があり示唆に富んでいるもので、ソーシャルネットワークやデジタルプラットフォーム上で生まれるつながりの時代となった現在でも有効かもしれない。
Di Original uploader was Pilgab at hu.wikipedia - Originally from hu.wikipedia; description page is/
フリゲス・カリンシーとスタンレー・ミルグラム
カリンシーは1929年、『Chains1』に掲載された同名の物語で、この概念を理論化した最初の人物である。一方、スタンレー・ミルグラムは、この理論の真偽を実証的に証明しようとした人物である。彼は無作為に人を選び、数千キロ離れたマサチューセッツ州に住む見知らぬ人に小包を送るよう頼んだ。各自は受取人の名前、職業、住んでいる場所は知っていたが、正確な住所は知らなかった。実験参加者はそれぞれ、最終的な受取人を知っている可能性が最も高いと思われる知人に荷物を送るよう依頼された。その結果、荷物は目的地に到着し、全員が5歩から7歩で到着した。
Freepik
研究
Physical Review X』誌に掲載されたこの研究は、スペイン、イスラエル、ロシア、スロベニア、チリの研究者が署名し、フィレンツェ国立研究会議複雑系研究所(CNR-Isc)がコーディネートした。
Freepik
研究結果
これは、fortunita.comのウェブサイトから引用した、この研究のコーディネーターであるステファノ・ボッカレッティ(CNR-Isc)の言葉である:ソーシャルネットワークは、戦略的なつながりを求めてネットワークをナビゲートする個人のダイナミックな巣である。そうすることで、彼らは絶え間ないコスト・ベネフィット・ゲームを行い、その目的は適切なコネクションを得ることである。驚くべきことに、各個人が独立して行動し、ネットワーク全体について何も知らないにもかかわらず、このプロセスは常に6前後の長さの社会的経路で終わることがわかった」。
Freepik
スモールワールド理論はまだ有効
スモールワールド理論(小世界効果)とは、自然界に存在する複雑なネットワークはすべて、比較的少数のリンクで構成される経路で2つのノードを結ぶことができるという数学的・社会学的理論である。しかし、これは類推モデルから生まれ、それに基づいた理論であり、今日のようなグローバル化した世界を予見していたわけではない。それどころか、膨大な量のデータとアルゴリズムにもかかわらず、ソーシャル・ネットワークは依然として「小さな世界」の数学的モデルに基づいていることが、研究によって明らかになっている。
Freepik
ミルグラムの実験を乗り越えて
ボッカレッティは、『ミルグラムの実験は革命的ではあったが、実際に連鎖を閉じた数通の手紙に影響されたため、その価値は限定的だった』と主張している。ソーシャルメディアのような広範で異質な基盤でこの種の研究を行うことは、ソーシャルネットワークだけでなく、他の多くの複雑なシステムも同じ原理に従って発展することを示している。
Freepik
コビッド19の証拠
巨大で複雑なシステムが世界中に広がるのに必要な接続数は限られていることを証明するのがウイルスである。実際、コビド感染の極めて速い広がりは、6回の感染サイクルで、ウイルスでさえ地球を素早く横断できることをさらに証明するものであった。
ワイン, ビール, スパークリングワイン, シャンパン
18/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.