テクノロジー

NASAが発明した、私たちが日常生活で使っているモノたち

伝統的に、2つの非常に特殊なものが周期的に科学の発展に大きな刺激を与えてきました。戦争、つまり軍事資金と、宇宙開発、つまり国家や公的資金です。

地球上で最大かつ最も有名な宇宙機関であるNASAは、1958年の設立以来、エレクトロニクス、医療、エネルギー、環境など、多くの分野に影響を与えてきました。

Space.com に掲載された最近の記事では、NASAの日常生活への貢献の歴史を辿ろうと、宇宙開発の発展から生まれた、今日私たちが毎日使っている10のモノを紹介しています。

Freepik
Nasa:私たちが日常生活で使っている10の発明品
伝統的に、2つの非常に特殊なことが周期的に科学の発展に大きな刺激を与えてきました。戦争、つまり軍事資金と、宇宙開発、つまり政府と公的資金です。 地球上で最大かつ最も有名な宇宙機関、NASAは1958年の設立以来、エレクトロニクス、医療、エネルギー、環境など多くの分野に影響を与えてきました。Space.com に掲載された最近の記事では、NASAの日常生活への貢献の歴史をたどり、宇宙開発の発展によって生まれた、今日私たちが毎日使っている10のモノを紹介しています。
Freepik
衛星放送(Satellite Television)
1962年7月10日、フロリダ州ケープカナベラルから打ち上げられたTelstar衛星により、アメリカのAndover Earth Station 、フランスのPleumeur-Bodou Telecom Centerなど、大西洋を越えて最初のテレビ信号の送受信が可能となりました。Telstar衛星が運用された数ヶ月の間に、400を超える電話、電信、ファックス、テレビの送信が可能になりました。
Flickr.com/The Sleep Judge
メモリーフォーム
今日、私たちが枕やマットレスに使っているメモリーフォームの技術が、実は1970年代にNASAが考案したプロジェクトから生まれたものだと考えたことがあるでしょうか?その目的は、宇宙飛行の際の座席のクッション性や衝撃緩和を高めることでした。
Pexels
アンチスクラッチレンズ
NASAの研究センターLewisでは、宇宙飛行士のヘルメットのバイザーや航空宇宙システムのダイヤモンドコーティングを研究し、傷つきにくくする方法を探っていたのです。一方、JPL(ジェット推進研究所)でも同様の研究が行われ、太陽光をろ過するレンズが作られました。このレンズはその後、サングラスやスキーゴーグル、溶接工の安全マスクなど、身近なものに取り付けられるようになりました。
Freepik
煙感知機
これは本当の発明というより、既存のものを大幅に改良した総合的な実装です。 煙感知器は、具体的には1890年にフランシス・ロビンス・アプトンが発明したものです。しかし、調節がうまくできずに、多くの誤報を発していました。その後、NASAがスペースシャトルの軌道上に設置するセンサーとして、空気中の燃焼粒子の存在を検知できる「Brunswick incipient fire detector」を設計しました。
Freepik
コードレス掃除機(と家電全般)
この情報は、Nasaの公式サイトの質問と回答のコーナーから引用しています。アメリカの宇宙機関がワイヤレス家電を発明したわけではありません(1961年にブラック・アンド・デッカー社が発明しました)。しかし、ブラック・アンド・デッカー社は、宇宙飛行士の生活をより快適にするための小型電化製品の設計を目的として、すぐにNASAとの共同研究を開始しました。
Freepik
水フィルター
1960年代のアポロ計画では、すでに水フィルターが存在していました。しかし、宇宙機関は大量の水を長期間保存し、常に新鮮で清潔な状態で飲めるようにする必要がありました。そこでNASAが考案したのが、炭素の酸化作用で汚染物質を除去する方法でした。これを受けて、Western water international の開発者である実業家マイク・ペダーセンが、自身の浄水システムを導入しました。このシステムは、現在でも工業用、住宅用、不衛生な環境下などで使用されています。
Freepik
マイクロチップ
NASAの功績は、マイクロチップを発明したことではなく(1958年のテキサス・インスツルメンツ社の功績)、この分野を飛躍的に発展させたことです。NASAは、このマイクロチップを、月着陸船と司令船に搭載されたアポロ誘導コンピュータに搭載しました。実は、これが集積回路を使った最初のコンピューターでした。
Freepik
クッション性のあるソールの靴
クッションソールは、アポロ計画で宇宙飛行士が月面を歩く際に足が疲れないようにするために、NASAによって発明されました。それから数十年後、元NASAのエンジニアであるフランク・ルディがナイキにこのアイデアを提案し、現在も使用されているクッションソールが誕生しました。
Freepik
ゴルフボール
元NASAの宇宙システムエンジニア、ロバート・サーマンは、スペースシャトルの外部タンクの空気負荷の分析から学んだことを、Wilson Sporting Goods Company のために、ゴルフボールの空気力学の分析に応用しました。その結果、60個の三角形の面に異なる大きさの3つのディンプルがある(それまで20個だった)有名なウルトラ500ボールが誕生したのです。
Freepik
ジョイスティック
ジョイスティックは、アポロ計画第1号の探査機のリモコンを想定して発明されました。1980年代前半には、ステアリングを操作できるトグルを備えたT字型のジョイスティックが登場し、片手で乗り物を操縦できるようになりました。テレビゲームから航空機のコンソールまで、すべてはこの初期の発明から生まれています。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.