芸術文化

バンクシーの10年以上ぶりの個展開催

6月18日から、グラスゴー(スコットランド)のGoMAで、10年以上ぶりの個展が開催されます。

展覧会のタイトルは「Cut & Run: 25 Years of Paper Work」で、来場者は、「Mobile Lovers」や「Kissing Coppers」といった代表作の制作に使われたオリジナルのステンシルの一部や、オリジナルの新バージョンを鑑賞することができます。

グラスゴーという都市が選ばれたのは、決して偶然ではないでしょう。この街にこそ、バンクシーが英国で最も気に入っているアートワークが収められているのです。

Getty Images
バンクシーが個展で復活
6月18日から、グラスゴー(スコットランド)のGoMAで、10数年ぶりの個展が開催されます。
Getty Images
すでに知られている作品と、これまで見たことのない作品
展覧会のタイトルは「Cut & Run: 25 Years of Paper Work」で、来場者はアーティストが「Mobile Lovers」や「Kissing Coppers」などの代表作を制作する際に使用したオリジナルのステンシルの一部と、オリジナルの新バージョンを鑑賞することができます。
Getty Images
グラスゴーという非ランダムな選択
グラスゴーという都市が選ばれたのは、決して偶然ではないでしょう。バンクシーが英国で最も気に入っている作品、つまり、彼の展覧会を開催している近代美術館の外にあるウェリントン公爵の像が置かれているのは、まさにこの街なのです。
Getty Images
アーティストの発言
バンクシーは、今回の展覧会では、これまで法的な問題を避けるために隠されていた、見たことのない作品を展示することを想定しています。
Getty Images
GoMAディレクターズの発言
GOMA美術館のディレクターであるガレス・ジェームズは、「過去25年間、彼の作品で世界中の人々を興奮させ、刺激してきたアーティストと仕事ができる、一生に一度の機会だった」と述べています。
ワイン, ビール, スパークリングワイン, シャンパン
18/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.