グラフ

ビールが最も飲まれている国

ビールは世界で最も人気のある飲み物のひとつである。

冬であろうと夏であろうと関係なく、多くの人々にとって、おいしいビールを飲むあらゆる機会は良いことであり、これは世界中の非常に多くの国々に当てはまる。

ここでは、一人当たりのビール消費量が世界一多い国(つまり、一人当たりの平均飲酒量が最も多い国)を紹介しよう。

Getty Images
国民一人当たりのビール消費量トップ
ビールは世界で最も人気のある飲み物のひとつである。冬であろうと夏であろうと関係なく、多くの人々にとって、どんなときでもおいしいビールを飲むことができる。ここでは、国民一人当たりのビール消費量が多い国(つまり、一人当たりの平均飲用量が多い国)を紹介する。
Getty Images
10.アイルランド(1人当たり81.6リットル)
第10位はアイルランドで、ダブリンにあるセント・ジェームズ・ゲート醸造所を醸造所とする歴史的なスタウト、ギネスの故郷である。アイルランドの首都ダブリンには、多くのアイルランド人や観光客にとってナイトライフのホットスポットである象徴的なテンプルバーもある。
Getty Images
9.スロバキア(1人当たり81.7リットル)
9位はスロバキア。ここでは、ビールが政治にも利用されている。2019年には、選挙結果を見越して、ズザナ・カプトヴァ候補(初の女性大統領)の顔がビール瓶に描かれた。
Getty Images
8.リトアニア(1人当たり84.1リットル)
2003年、リトアニアでは、20年前にバルト三国で行われた国民投票でEU加盟に投票することを奨励するため、「ユーロ」ビールが醸造された。
Getty Images
7.ナミビア(1人当たり84.8リットル)
ナミビアはアフリカ大陸で一人当たりのビール消費量が最も多い国である。しかし、(1人当たりではなく)ビールの総飲酒量を考えると、南アフリカが1位である。
Getty Images
6.エストニア(1人当たり86.4リットル)
この写真では、エストニアのユハン・パーツ元首相がラトビアのアイナーズ・レプセ首相と乾杯している。
Getty Images
5.ドイツ(一人当たり92.4リットル)
世界有数のビール生産国であると同時に、この飲み物を最も好んで消費する国のひとつでもあるドイツが、このリストから外れるはずはない。歴史あるオクトーバーフェストには毎年平均600万人が訪れ、毎年ジョッキ750万杯分のビールが消費される世界最大の観光国である。
Getty Images
4.ルーマニア(一人当たり95.2リットル)
ルーマニアは、近年、ビールの消費量だけでなく、その生産量も飛躍的に伸びている。この国では、ホップが川岸や森林に自生しているため、容易に入手できる。
Getty Images
3.ポーランド(1人当たり96.1リットル)
東ヨーロッパのポーランドにはおいしいビールが飲めるパブがたくさんある。ポーランドの最も有名なブランドは「ティスキエ」で、現地のビール市場の20%近くを占めている。クラクフの「Kompania Pivovarska」醸造所で600年以上にわたって醸造されているティスキエは、海外に輸出されている数少ないポーランドビールのひとつだ。
Getty Images
2.オーストリア(1人当たり96.8リットル)
第2位は、バイエルン州と同じく毎年オクトーバーフェストが開催されるオーストリアで、この民俗行事の開催都市はザルツブルクである。
Getty Images
1.チェコ共和国(1人当たり191.9リットル)
一人当たりのビール消費量が世界一多い国のトップはチェコ共和国で、一人当たり191.9リットルものビールを消費している!この興味深い調査を実施した「キリンホールディングス」によると、チェコ共和国は他の追随を許さず、30年以上にわたってこのランキングのトップに君臨している。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.