SCIENCE(サイエンス

月の裏側で過去に何が起きたのか?研究内容

惑星科学研究所の研究者マシュー・シーグラー率いる科学者チームが、月の裏側にある古代の月火山の下に花崗岩体を発見した。

この発見は、月の裏側がかつて火山の噴火で輝いていたという説を裏付けるものである。このデータはNASAのルナー・リコネッサンス・オービターを使って収集されたもので、コンプトン・ベルコビッチ(地球の衛星の反対側にある火山複合体)と呼ばれる月の表面下の温度を測定することができた。

この発見の後、科学者たちは月の歴史の最初の段階で月の地殻がどのように形成されたかを説明できるかもしれない。

freepik
月面で発見された花崗岩体
惑星科学研究所の研究者マシュー・シーグラー率いる科学者チームが、月の裏側にある古代の月火山の下に花崗岩体を発見した。この発見は、月の裏側がかつて火山の噴火で輝いていたという説を裏付けるものである。
freepik
月の裏側の火山群
このデータはNASAのルナー・リコネサンス・オービターによって収集され、コンプトン・ベルコビッチ(地球の衛星の反対側にある火山複合体)と呼ばれる月表面下の温度を測定することができた。
freepik
月地殻の形成を説明できる発見
この発見により、科学者たちは月の歴史の初期に月の地殻がどのように形成されたかを説明できるかもしれない。この地殻は、おそらく約35億年前に月の火山の激しい噴火の燃料となったマグマが冷却された結果形成されたものだろう。
freepik
予想内の発見
研究者たちにとって、月のその領域に火山活動の名残が見つかったことは、まったく予期せぬことではなかった。太古の昔、その領域には火山群が存在したと長い間考えられていたからだ。この研究成果はフランスのリヨンで発表され、学術誌『ネイチャー』にも掲載された。
freepik
その部分に水は存在したのか?
月面で花崗岩が形成されたという事実は、過去に月面に水が存在したという仮説を復活させる可能性がある。研究者たちによれば、実際、水がなければ花崗岩を得るには非常に極端な状況が必要だという。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.