芸術文化

ナポレオン・ボナパルトについてあなたが知らないかもしれない5つのこと

ナポレオン・ボナパルト(しばしばナポレオンとも呼ばれる)はフランスの政治家、将軍であり、第一次フランス帝国の創始者であり、「ナポレオン時代」として知られるヨーロッパ現代史の第一段階の主人公です。

ヨーロッパ全土、そして世界各地を征服したナポレオンは、史上最高の軍事戦略家の一人ですが、その重要性は戦場での勝利だけにとどまりませんい。また、貴重な財宝を世界に返還したエジプトでの作戦なども重要でした。

浮き沈みが絶えず、陰謀、殺人、恋愛に彩られた彼の人生は、1821年、胃がんのため亡命先のセントヘレナ島で幕を閉じました。彼の生涯は1世紀以上にわたって歴史の教科書を埋め尽くしてきましたが、それでもまだ知られていない不思議なことがあるかもしれません。

Di Jacques-Louis David - kb.dk pic, Pubblico dominio, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curi
ナポレオンに関する最も興味深い事実
ナポレオン・ボナパルト(しばしばナポレオンとも呼ばれる)はフランスの政治家、将軍であり、第一次フランス帝国の創始者であり、「ナポレオン時代」として知られるヨーロッパ現代史の第一段階の主人公です。ヨーロッパ全土、そして世界各地を征服したナポレオンは、史上最高の軍事戦略家の一人ですが、その重要性は戦場での勝利だけにとどまりませんい。また、貴重な財宝を世界に返還したエジプトでの作戦なども重要でした。浮き沈みが絶えず、陰謀、殺人、恋愛に彩られた彼の人生は、1821年、胃がんのため亡命先のセントヘレナ島で幕を閉じました。彼の生涯は1世紀以上にわたって歴史の教科書を埋め尽くしてきましたが、それでもまだ知られていない不思議なことがあるかもしれません。
Di Jean Victor Adam - L’Histoire par l’image [2], digital version produced by Agence photographi
ナポレオンのおかげで、今日私たちはエジプトの象形文字を読むことができる
今日、私たちが古代エジプトの歴史をたどることができるのは、ナポレオン(1798~1081年)が行ったエジプト攻略作戦のおかげだということを、おそらく誰もが知っているわけではないでしょう。ピエール=フランソワ・ブシャール大尉が有名なロゼッタ・ストーンを発見し、学者たちが謎めいたヒエログリフを解読できるようになったのは、この作戦のときでした。
Di Jacques-Louis David - Edited version of: File:Jacques-Louis David, The Coronation of Napoleon.jpg
ナポレオンは皇帝の王冠を手に取らなかった
俗説では、1804年にノートルダム大聖堂で行われたフランス皇帝の戴冠式で、ナポレオンはローマ教皇の手から皇帝の王冠を奪い取って、自ら頭に載せたとされています。ボナパルトが直接王冠を手にしたことはなかったからです。そして、教皇が儀式に出席したのは事実ですが、直接参加したわけではありません。
Di Horace Vernet - [1], Pubblico dominio, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=246073
ナポレオンの自殺未遂
ナポレオンはセントヘレナ島に追放される前、ロシアでの敗戦後に入手したヒ素を摂取して自殺を図りました。自殺未遂は1814年4月12日、皇帝アレクサンドル1世のコサック軍がパリに入り、前皇帝の完全退位を要求した後に起こりました。
Di Sconosciuto - zQEbF0AA9NhCXQ — Google Arts & Culture, Pubblico dominio, https://commons.wik
低いけれど、それほどではない
何十年もの間、ナポレオンの姿は非常に背の低い人物だと考えられてきました。しかし、これは宿敵を貶めるためにイギリスが作り出したものに過ぎないようです。実際、ナポレオンの身長は168~169センチで、同時代の平均身長より3センチも高かったのです。わかりやすく言うと、ナポレオンはニコラ・サルコジ前フランス大統領より3センチ背が高かったということになります。
Getty Images
ナポレオンの叫び(写真は第2次イタリア遠征の歴史的再現写真)
セントヘレナ島での亡命中、ナポレオンはヴァグラムの戦いを描いた絵画を見ながら涙を流したと言われています。これは、ナポレオンが人前で感情的になることを許した数少ない機会でした。
凶暴な動物たち
29/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.